読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2014.9.23~9.29)

強敵リュウガ、真強敵サウザー

(2014.9.23~9.29)

 

通常/レア強敵リュウ

装備:

「泰山天狼拳」(★6) 攻撃160防御110

「泰山天狼拳」(★5) 攻撃120防御85

「天狼凍牙拳」(★5) 攻撃90防御65

「天狼凍牙拳」(★4) 攻撃90防御35

苦手流派:北斗神拳

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘、北斗千手壊拳、南斗剽斬功、黄光刹斬、白羅滅精

 

真強敵サウザー

装備: 

「南斗爆星波」(★6) 攻撃180防御50

「極星十字衝破風」(★6) 攻撃178防御35

南斗鳳凰拳」(★5) 攻撃175防御30

「極星十字拳」(★6) 攻撃165防御105

「南斗剽斬功」(★6) 攻撃177防御43

「伏虎筋断」(★5) 攻撃65防御10

「天翔十字鳳」(★5) 攻撃135防御55

苦手流派:慈愛

苦手奥義:天破活殺、有情破顔拳 、北斗有情猛翔破、北斗有情断迅拳、七星点心、元斗白華弾

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵のリュウガは新たな奥義之書の追加は無く、★の数が異なる「泰山天狼拳」と「天狼凍牙拳」の奥義之書をを計4つ装備して登場してきました。リュウガの苦手流派は北斗神拳であり、またこちらの攻撃を妨げる奥義之書を装備していないので、戦いやすく、またダメージを与えやすい相手だと思います。そのため、最大ダメージ報酬争いは激しくなる可能性が高いです。

 

真強敵のサウザーは新奥義「南斗爆星波(なんとばくせいは)」を装備して、さらに凶悪になって登場してきました。「南斗爆星波」は「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」という効果を持つ奥義之書です。また、「南斗爆星波」に加え、「ダメージを与えつつ、一定時間、攻撃が無効!」という効果を持つ「天翔十字鳳」、「中ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「伏虎筋断」を装備しているので、かなり厄介な相手となっています。

 

「天翔十字鳳」を使われた場合には、奥義効果を無効化する奥義之書を発動させない限り、効果時間が切れるまで何も出来ないため、奥義効果を無効化する奥義之書を装備しておいた方がダメージが安定するでしょう。また、最近数が増えつつある、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」というタイプの奥義之書を用いる場合、奥義の効果を無効化する「南斗爆星波」と「伏虎筋断」の2つの奥義を使われる前に発動しておかなければ、与ダメージが大きく減少してしまうことなり、使うタイミングが非常に難しくなります。もし、「軽業」(★1)があれば、これを装備しておくのが良いでしょう。

  

サウザーの苦手流派は慈愛で変化ないことを確認しました。流派が慈愛の攻撃系奥義之書である「伏兵」が先週の定期メンテナンス後に石版から出現する奥義之書に加えられたことにより、「伏兵」の開眼・強化が進んでいるプレイヤーは有利に戦うことが出来るかと思います。「伏兵」の威力を最大限に発揮するには伝承者天帝ルイを使う必要がありますが、天帝ルイは最大体力が低く、なおかつ「伏兵」が「相手にダメージを与えると共に自分も大ダメージ!」という効果を持つ奥義之書となっている関係から、強敵のレベルが上がってくると、7ターンを消化できずに沈んでしまう可能性があるので、注意が必要でしょう。

 

今回、ランキング報酬として新たに登場した奥義之書は「南斗爆星波」のみとなっています。

「南斗爆星波」(★6) 攻撃180防御50

「南斗爆星波」(★5) 攻撃135防御35

 

■次回強敵バット、真強敵フドウ

(2014.9.30~10.6)

 

次回は強敵バット、真強敵フドウが登場します。

 

通常/レア強敵のバットは2014年6月3日~6月9日に通常/レア強敵として初めて登場してから、2度目の登場となります。苦手流派は元斗皇拳、前回登場時の苦手奥義は「北斗羅裂拳」、「北斗静虎歩」、「南斗孔雀掌」、「元斗猛天掌」、「元斗白華弾」、「踏み潰し」 となっています。前回登場時は、まだ石版から出現する奥義之書に流派が元斗皇拳のものが無かったので、思うようにダメージが与えられずに苦戦したプレイヤーが多かったと思いますが、元斗皇拳の奥義之書が石版から習得可能となっている今回は、前回よりは戦いやすくなっていると思います。「元斗白華弾」は様々な強敵の苦手奥義に設定されているので、もし運良く入手、開眼出来ているのであれば、強化しておくと、次回のバット戦のみならず、他の強敵戦でも役に立つでしょう。

 

真強敵のフドウは前回2014年3月25日~3月31日に真強敵として初登場して以来、少々間が開いて2度目の登場となります。苦手流派は慈愛、前回登場時の苦手奥義は「北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘」、「北斗有情猛翔破」といったところです。前回登場時は苦手流派の関係からダメージを与え辛かったこともあり、放置される傾向があったフドウですが、今回はどうなるでしょうかね。