読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

伝承者ヒョウと奥義之書

■伝承者ヒョウ

流派:北斗宗家

体力:110%※1

伝承者特性:北斗宗家の血(効果:クリティカルヒット率アップ※2)

 

■伝承者ヒョウ・魔

流派:北斗宗家

体力:110%※1

伝承者特性:自壊羅糸(効果:ダメージ反射※3)

  

※1:伝承者ケンシロウに対して

※2:通常攻撃時、通常のクリティカルヒットに加え、一定確率で伝承者特性によるクリティカルヒットが発生する。

※3:一定確率で敵の攻撃をそのまま返す。

 

ヒョウは、原作で修羅の国編で第2の羅将として登場します。ケンシロウの実兄でありながら、北斗宗家の血が薄かったことで、北斗神拳の伝承者候補から外され、時が来たらケンシロウに北斗宗家の秘拳の在り処を伝えるべく、修羅の国に留まることになったというエピソードが描かれています。

 

ヒョウはカイオウの妹であるサヤカと婚約を結んでいました。しかし、カイオウは自分の妹であるサヤカを手にかけ、そしてサヤカの命を奪ったのはケンシロウとヒョウに嘘を吹き込むことで、ヒョウにケンシロウに対する激しい憎悪の心を植え付けます。その結果、ヒョウは魔界へと堕ち、ケンシロウと対決することになります。戦いの最中で、ヒョウの北斗宗家の血が覚醒し、ケンシロウに襲いかかりますが、シャチが背後から手刀でヒョウの背中を貫き、戦いを止めさせます。

 

その後、重症の身体でカイオウの陸戦隊である300人を超える修羅と死闘を繰り広げ、カイオウに死環白を突かれたリンを救出し、バットと共に、ケンシロウとカイオウの戦いの場に、その決着が着いたころ、瀕死の状態でたどり着きます。

 

満身創痍のヒョウがカイオウにかけた言葉は

お…おまえに一言言いたかった。

オ…オレが強かったら

北斗宗家の嫡男としての力量が十分であったら

お…おまえはひずまなかったはず…

すべてはオレの責…

許せと!!

でした。時には甘過ぎると思わせる程、情に厚い人物であるのと同時に、自分の生まれの不甲斐なさに長年苦しめられてきたことが見え隠れする台詞だと思います。

 

伝承者としてのヒョウは奥義之書も強力なものが揃っており、貴重な北斗宗家の伝承者として活躍が期待できます。

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。

  

■ヒョウ名言壱

★5:攻撃65防御60

奥義発動時効果:ヒョウの攻撃力、防御力、伝承者特性発生率UP!

 

ヒョウ名言弐

★5:攻撃95防御20

奥義発動時効果:ヒョウの攻撃力、防御力、伝承者特性発生率UP!

  

■万手魔音

(まんじゅまおんけん)

★6:攻撃181防御95

★5:攻撃138防御65

★4:攻撃103防御35

奥義発動時効果:大ダメージ!

 

■擾摩光掌

(じょうまこうしょう)

★6:攻撃178防御100

★5:攻撃133防御70

★4:攻撃98防御40

奥義発動時効果:大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を2つ無効に!