読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2014.10.21~10.27)

■強敵アイン、真強敵ファルコ

(2014.10.21~10.27)

  

通常/レア強敵アイン

装備:

「ラッシュ」(★5) 攻撃92防御62

「ラッシュ」(★4) 攻撃62防御47

「やっぱり俺は強いよな」(★5) 攻撃98防御75

「ケンカ拳法」(★5) 攻撃117防御54

「渾身の一撃」(★5) 攻撃117防御15

苦手流派:我流

苦手奥義:北斗百裂脚、北斗酔舞撃、北斗羅烈拳、南斗天翔貫頂、南斗迅襲嘴斬、元斗白華弾、元斗流輪光斬、斬風燕破、五車炎情拳、蒙古妖禽掌

 

真強敵ファルコ

装備:

「黄光刹斬」(★6) 攻撃173防御50

「元斗白華弾」(★5) 攻撃130防御50

「元斗白華弾」(★4) 攻撃90防御20

「元斗猛天掌」(★6) 攻撃178防御99

「衝の輪」(★6) 攻撃175防御140

苦手流派:北斗琉拳

苦手奥義:天破活殺、北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘、七星点心、七星抹殺、万手魔音拳、忍棍妖破陣

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵のアインは前回登場時と同じ装備で登場してきました。「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「やっぱり俺は強いよな」と「大ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「ケンカ拳法」を装備しているので、あまり戦いやすい相手ではありません。苦手流派と自身の奥義之書の流派が同じ我流なので、「水影心」で返すと攻撃力が1.5倍の苦手流派補正がかかりますが、装備している奥義之書の攻撃力がそれほど高くないので、強敵のレベルが上がってこないと使いづらいでしょう。比較的使いやすい我流の伝承者と奥義之書が増えてきたので、基本は我流の伝承者と奥義之書で戦うということになるかと思います。

 

真強敵のファルコも通常/レア強敵のアインと同様に、前回登場時と装備に変化が無いようです。ファルコの苦手流派は北斗琉拳であることを確認しました。今のところ唯一の北斗琉拳野伝承者であるハンを使えるプレイヤー、そして北斗琉拳の奥義之書の開眼・強化が進んでいるプレイヤーは有利に戦うことが出来るでしょう。

 

真強敵のファルコと通常/レア強敵のアインの装備している奥義之書の構成が似ているのが面白いところです。共に「大ダメージ!」の効果を持つ奥義之書、「ラッシュ」と「元斗白華弾」を2つ装備しており、また、「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「やっぱり俺は強いよな」と「衝の輪」、「大ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「ケンカ拳法」と「元斗猛天掌」を装備しています。さらに超ダメージと大ダメージの差こそあれ、「相手に超ダメージを与えると共に自分も大ダメージ!」という効果を持つ「黄光刹斬」と相手にダメージを与えると共に自分も大ダメージ!」という効果を持つ「渾身の一撃」という、自身に大ダメージを受ける奥義之書を装備しているという点でも共通しています。

 

今回は珍しく新しい奥義之書の追加がありません。ちょっと扱いに困るくらい奥義之書の種類が増えてしまっているので、たまにこういった週があった方が良いかもしれませんね。

 

■次回強敵名も無き修羅、真強敵シャチ

(2014.10.28~11.3)

 

次回は強敵名も無き修羅、真強敵シャチが登場します。

 

通常/レア強敵の名も無き修羅は前回2014年9月16日~9月22日に登場していますので、比較的短いサイクルでの再登場となります。名も無き修羅は前回登場時、伝承者として配布されませんでしたが、この間隔で再登場するようですと、今回は配布されるかもと期待してしまいますね。

 

前回登場時、名も無き修羅は「大ダメージ!」の効果を持つ「忍棍妖破陣」、「大ダメージを与えつつ一定時間クリティカルヒット率UP!」の効果を持つ「千手魔破」は、そして「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を2つ無効に!」という効果を持つ「破魔砂蜘蛛」の3つの奥義之書を装備していました。原作で登場した名も無き修羅の奥義のうちでは「毒蜘蛛手刃滅把妖牙(どくぐもしゅとうめっぱようが)」がまだ登場していないので、もしかすると追加されるかもしれません。

 

名も無き修羅の苦手流派は元斗皇拳、前回登場時の苦手奥義は「北斗天将雷撃/北斗天将雷撃・闘」、「独転葬手」、「黄光刹斬」、「元斗猛天掌」といったところです。

 

真強敵のシャチは今回初登場です。原作における立ち位置から、そのうち通常/レア強敵として再登場、比較的多くのプレイヤーに配布されることを期待しています。

 

原作に登場したシャチの奥義は「喝把玩(かっはがん)」、「破摩独指(はまどくし)」、「双背逆葬(そうはいぎゃくそう)」があります。また、北斗神拳の「幻闇壊(げんおんかい)」に相当する北斗琉拳の奥義も披露していますね。これらのうち、原作でハンが投げたチェスの駒を投げ返した「双背逆葬」は北斗神拳の「二指真空把」に相当する奥義であり、これがシャチの反射系の奥義として登場してくるようですと、少々厄介な敵になるかもしれません。

 

シャチの苦手流派は北斗神拳北斗琉拳が妥当なところで、ハンが北斗琉拳を苦手としていたので、ここは北斗神拳と予想しておきましょう。もし、北斗神拳を苦手とするようですと、かなりの激戦となりそうです。