読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2014.12.2~12.8)

■強敵ウイグル獄長、真強敵トキ・剛

(2014.12.2~12.8)

 

通常/レア強敵ウイグル獄長

装備:

「蒙古覇極道」(★6):攻撃145防御65

「蒙古覇極道」(★5):攻撃115防御45

「泰山流双条鞭」(★5):攻撃95防御70

「熊胴断波」(★5):攻撃90防御80

「泰山流千条鞭」(★5):攻撃105防御55

苦手流派:北斗神拳

苦手奥義:天翔百裂拳、北斗鋼裂把、降翔格脚、烈脚空舞、南斗白鷲烈脚、南斗遊雀連斬、南斗狂鶴翔舞

 

真強敵トキ・剛

装備:

「不離気双掌」(★6) 攻撃170防御15

「北斗有情断迅拳」(★6) 攻撃168防御107

「北斗有情破顔拳」(★5) 攻撃90防御70

「北斗静虎歩」(★5) 攻撃118防御115

「北斗酔舞撃」(★5) 攻撃120防御80

「北斗流弧陣」(★2) 攻撃2防御8

「北斗破流掌」(★6) 攻撃169防御50

苦手流派:南斗聖拳

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘、北斗千手壊拳 、七星点心、七星抹殺、陰陽風殺掌、元斗白華弾、万手魔音拳、天狼凍牙拳

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵のウイグル獄長は前回登場時の装備に「蒙古覇極道」(★6)を加えた装備のラインナップで登場してきました。「ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ「熊胴断波」がありますが、「敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という奥義之書を装備しておらず、なおかつ苦手流派が北斗神拳ということもあり、比較的楽に戦えるでしょう。

 

「熊胴断波」対策に「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という効果を持つ北斗神拳の奥義之書を装備しておくと良いかもしれません。苦手奥義に「降翔格脚」が加えられたので、もし開眼・強化が進んでいるのであれば、これを使用するのが良さそうです。また発動のタイミングについては、前述の通り、ウイグル獄長は打ち消し系の奥義之書を装備していないので、強化系奥義の効果が切れるギリギリまで粘っても大丈夫です。

 

真強敵のトキ・剛は前回登場時と装備に変化はありません。トキ・剛の苦手流派は南斗聖拳ですが、今のところ苦手流派と一致する苦手奥義が存在しないため、南斗聖拳の奥義を主力として、苦手奥義に応じて装備を切り替えて対応することになるかと思います。

 

トキは「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「北斗酔舞撃」、「中ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「北斗破流掌」、そして「一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!」の効果を持つ「北斗流弧陣」と特殊効果を持つ奥義之書を持っているので、それなりに厄介な相手です。

 

「北斗破流掌」はタイピングによる攻撃を1回犠牲にすれば済みますが、強化系の奥義発動時に「北斗流弧陣」を使われてしまうとその時点で詰んでしまうため、もし「敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「軽業」(★1)や「臭い息」(★1)、「敵の奥義効果を2つ無効に!」の効果を持つ「南斗白燕転翔」(★1)を所持しているのであれば、これを装備しておくと良いでしょう。また、これらの奥義之書が無いのであれば「ナイフ」(★1)/攻撃5防御5、「棍棒」(★1)/攻撃10防御5などの攻撃力が低い(★1)の奥義之書でも、多少のダメージは受けるものの同様に対応出来ます。「ナイフ」(★1)や「棍棒」(★1)は「始まりの村」で比較的容易に入手可能ですので、今回の強敵討伐戦用に使い捨て感覚で取りに行っても良いでしょう。

 

また、パラメータ低下を嫌うのであればパラメータ強化用の「小ダメージ!」の効果を持つ(★1)の奥義之書、「南斗無音拳」(★1)や「風殺金剛拳」(★1)を装備するという手もあります。ただし、強化系奥義を発動した状態では強敵の防御力がゼロに設定されている関係で、即ゲームオーバーとはならないまでも、それなりのダメージを受けますので、どの程度のダメージを受けるか計算してからの方が良いでしょう。さらに最悪タイピングによる通常攻撃を捨てても良いというのであれば、南斗聖拳の「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」の効果を持つ奥義之書を装備して、最後に発動する形で使用するという手もあります。

 

トキ・剛戦では安定をとるか、あくまで最大ダメージを狙うか、プレイヤーの個性が出そうに思います。

今回ランキング報酬として新たに追加された奥義は「隠し刀」のみです。これってジャッカルの奥義之書に見えるのですが、なぜここで追加してきたのか謎です。

「隠し刀」(★5):攻撃105防御30

「隠し刀」(★4):攻撃77防御20

 

■次回強敵天帝ルイ、真強敵拳王

(2014.12.9~12.15)

 

次回は強敵天帝ルイ、真強敵拳王が登場します。

 

通常/レア強敵の天帝ルイは2014年9月2日~9月8日に真強敵として登場して以来となります。

 

前回登場時は「相手にダメージを与えると共に自分も大ダメージ!」の効果を持つ「伏兵」を(★6)、(★5)、そして(★4)と3種類装備していましたが、今回通常/レア強敵に格下げ(?)されたことに伴って、(★6)が外される可能性があるかもしれません。また、天帝ルイが使用者となっている奥義之書はこれまでのところ、「伏兵」のみですので、新たな奥義之書が追加される可能性もありそうです。

 

天帝ルイの苦手流派は他流、前回登場時の苦手奥義は「南斗残影牙手」、「酔鷹夢幻突」、「烈闘破鋼棍」、「死の抱擁」、「火闘術」、「投げ輪」、「騙し討ち」といったところです。今回、真強敵のトキ・剛のランキング報酬となっている「隠し刀」は天帝ルイの苦手奥義に設定される可能性がありそうです。

 

真強敵の拳王は2014年6月24日~6月30日に真強敵として登場して以来、久々となりますが、2014年10月14日~10月20日に拳王&黒王号が真強敵で登場していますので、それほど間隔が開いた印象はありません。

 

拳王の苦手流派は慈愛、前回登場時までの苦手奥義は「天翔百裂拳」、「天破活殺」、「七星点心」、「断己相殺拳」、「元斗白華弾」、「撃壁背水掌」、「五車山峨斬」、「鬼の拳」、「擾摩光掌」といったところです。

 

拳王(ラオウ)が使用者となっている奥義之書には「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」という効果を持つ「陰陽風殺掌」、「大ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「雷蛇剛陽掌」、「一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!」の効果を持つ「無想陰殺」と、プレイヤーをイライラさせる(?)奥義之書が一通り揃っており、これらは前回拳王&黒王号として登場した時にも装備していたことから、引き続き装備してくる可能性が高いと思われます。