読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2014.12.16~12.22)

■強敵牙大王、真強敵ケンシロウ・蒼

(2014.12.16~12.22)

 

通常/レア強敵牙大王

装備:

「華山角抵戯」(★6) 攻撃115防御90

「華山鋼鎧呼法」(★5) 攻撃60防御110

「華山群狼拳」(★5) 攻撃85防御65

「ダイナマイト」(★5) 攻撃90防御20

苦手流派:我流

苦手奥義:岩山両斬波、北斗天将雷撃/北斗天将雷撃・闘、南斗鳳凰拳南斗水鳥拳/南斗水鳥拳・義、喝把玩、ダイナマイト/手榴弾、泰山天狼拳

 

真強敵ケンシロウ・蒼

装備:

「北斗百裂拳・強」(★6) 攻撃165防御90

「降翔格脚」(★6) 攻撃167防御105

「北斗八悶九断」(★6) 攻撃168防御75

「百裂両斬波」(★6) 攻撃166防御100

「北斗指流点」(★3) 攻撃67防御35

「北斗双龍撃」(★5) 攻撃145防御65

「北斗挑雷旋腿」(★5) 攻撃129防御60

苦手流派:北斗宗家

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘、天将奔烈、極星十字拳/極星十字衝破風、黄光刹斬、撃壁背水掌、鬼の拳、擾摩光掌、万手魔音

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵の牙大王は前回登場時の装備から★の数を1つずつ増やした装備で出てきました。「大ダメージ!」の効果を持つ奥義之書が1つしかないことか、我流を苦手流派とする我流使いながら、「水影心」あまり効果的ではありません。我流の伝承者の数、奥義之書の種類、共に増えてきたこともあり、今回は活躍のチャンスとなるでしょう。

 

牙大王は「一定時間防御力UP!」の効果を持つ「華山鋼鎧呼法」を装備していますが、強敵戦では基本的に敵の防御力はゼロに設定されているので、使われても与ダメージには影響しません。ですから、牙大王の装備している奥義之書には与ダメージの減少につながる厄介なものはありません。そのため、タイピングでのダメージ増加を狙って、強化系の奥義之書が発動している最中に長文を攻撃系奥義之書の発動でキャンセルする等の小技が有効です。

 

真強敵のケンシロウ・蒼は「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ新奥義、「北斗挑雷旋腿」を装備して出てきました。特殊効果を持つ奥義之書は他に「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「北斗双龍撃」と「降翔格脚」を装備しています。幾つかの奥義之書が攻撃力の高いものに入れ換えられているほか、「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ奥義之書が1つ増えたことから、前回登場時より厄介な相手となっています。

 

ケンシロウ・蒼の苦手流派は北斗宗家のようです。唯一の北斗宗家を流派とする伝承者ヒョウとその名言を使えるプレイヤーは通常攻撃のダメージ増加を狙って、伝承者ヒョウで戦うのも手です。しかしながら、北斗宗家の奥義之書が石版から入手出来る状態にはなっていないこともあり、多くのプレイヤーの場合、自身の最大ダメージを与える伝承者と奥義之書で戦った方がより多くのダメージを与えられる可能性が高いと思われます。

 

今回ランキング報酬として追加された奥義之書は「北斗挑雷旋腿」のみとなっています。「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ奥義之書ですので、少々使い辛い印象があります。

「北斗挑雷旋腿」(★6) 攻撃169防御85

「北斗挑雷旋腿」(★5) 攻撃129防御60

 

■次回強敵デビルリバース、真強敵シャチ 

(2014.12.23~12.29)

 

次回は強敵デビルリバース、真強敵シャチが登場です。

 

通常/レア強敵のデビルリバースは2014年9月2日~9月8日に通常/レア強敵として登場して以来となります。前回登場時に伝承者に格上げされ、伝承者が配布されるのは今回が2度目です。デビルリバースの苦手流派は北斗神拳、前回登場時までの苦手奥義は「北斗七死星点」、「北斗七死騎兵斬」、「天破活殺」、「南斗獄屠拳」、「南斗鳳凰拳」、「黄光刹斬」、「ダイナマイト」、「催眠術」といったところです。

 

デビルリバースは前回登場時に「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「握り潰し」を装備しており、おそらく今回も引き続き装備してくると思われます。「握り潰し」の発動タイミング次第では大きく与ダメージが減少してしまう可能性があることは覚悟しておきましょう。

 

おそらく、今回は新奥義の追加は無いものと予想していますが、「羅漢仁王拳」に続いて、「風殺金剛拳・獄」のような「風殺金剛拳」の強化版が「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果で出てくると、ちょっと嫌ですね。

 

真強敵のシャチは2014年10月28日~11月3日に真強敵として登場してから、2度目の登場となります。シャチの苦手流派は慈愛、前回登場時の苦手奥義は「魔舞紅躁」、「万手魔音拳」、「蒙古妖禽掌」、「踏み潰し」といったところです。前回登場時の装備は「大ダメージ!」の効果を持つ「喝把玩」の(★6)が1枚と(★5)が2枚の計3枚、および「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」の「破摩独指」(★4)というラインナップでした。

 

原作に登場したシャチの奥義では、北斗神拳の「二指真空把」に相当する「双背逆葬(そうはいぎゃくそう)」がまだ登場していないので、これを装備して登場してくると、厄介な相手となりそうです。