読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2014.12.26)

今週は12月25日(木)の夕方17:00の真強敵ランキング143位、18:00の真強敵ランキング147位に「ケンシロウ名言弐」(★6)を装備したプレイヤーが出現し、公式サークルの掲示板、そして2ちゃんねるでちょっとした騒ぎになったようです。その後当該プレイヤーは討伐軍Pがゼロにされ、最終的にはアカウント凍結となりました。

 

(★6)の名言はまだ登場していないことから、運営のサクラではないかと、非難が殺到しているようですが、運営様から本件についてコメントがない限り、ちょっと判断がつかないように思います。

 

2014年2月4日~2月6日の強敵ユダ、真強敵サウザー戦の前哨戦で配布された「北斗有情猛翔破」のパラメータに間違いがあり(「北斗有情猛翔破」(★5)攻撃130防御45のところ、攻撃130防御60の奥義之書が配布された)、間違った奥義之書は開眼用にと、正しいパラメータの奥義之書が配布されるということがありました。また、その翌週の2014年2月12日の定期メンテナンス後には「野猿牙殺拳」(★1)と(★2)のパラメータが低い奥義之書が石版から出現するというトラブルがあり、対象者に正常なパラメータの奥義之書を配布するということも起こっています。

 

その後、この手のトラブルは無くなりましたが、このトラブルと対応を見る限り、元々の奥義之書のパラメータは参照しておらず、手元の奥義之書のパラメータのみをサーバーに保存している可能性が高いように思います。その後アップデートが進んでいますので、現在どのようになっているのかわかりませんが、これは奥義之書の開眼や強化の際に不正なデータを送るとそのまま反映されてしまう可能性があるということです。

 

また、確証はありませんが、登場していない★の数の奥義之書の効果についてもプログラムに記載してあるように、全ての奥義之書には予め全ての★の数に対応したパラメータが割り振られているように思います。ですから、そうした部分をいじってしまえば、無いはずの奥義之書を出現させる不正が出来てしまう可能性もあるわけです。発覚した後の挙動が少々怪しかったのでなんとも言えませんが、今のところはサクラとは断言出来ない状況のように思います。当該プレイヤーのレベルが24だったというところから、不正ツールを使って、短期間で色々試していた可能性も否定できません。

 

今週の定期メンテナンス後に追加された奥義之書は以下の通りです。

「両手潰し」(★6) 攻撃148防御60

「両手潰し」(★5) 攻撃111防御45

「両手潰し」(★4) 攻撃83防御35

「熊胴断波」(★7) 攻撃176防御133

「無想転生」(★6) 攻撃200防御180

 

ついに北斗神拳究極奥義「無想転生」が登場です。「無想転生」は「超ダメージ+攻撃力、防御力、クリティカルヒット率大幅アップ、奥義効果3つ無効!」という、異次元の奥義発動時効果を持ちます。強化倍率については名言と同じ設定を使っており、現在取得可能な(★5)の名言より★の数が上のため、現状では名言より上となっています。したがって、今後主流となる奥義デッキの編成が大幅に変わってしまう程の破壊力がありそうです。

 

期間限定奥義習得は「ケンシロウ奥義祭り 再来!!」となっています。2014年11月28日の定期メンテナンス後にスタートした期間限定奥義と似たような内容で、それに「開眼之書」と「北斗双龍撃」が追加されたといった印象です。「無想転生」については、今のところSレア石版からのみで、期間限定奥義習得には追加されていません。

 

先週のクリスマスキャンペーンに続いて、今週から年末年始特別キャンペーンとして、2015年1月5日までにログインしたプレイヤー全員に「開眼之書」(★6)がプレゼントされます。「開眼之書」(★6)は★の数が6以下の奥義之書に使用出来、使用することで奥義之書を使って開眼させた場合と同じく、最大強化レベルが上昇します。ただし、開眼時の強化経験値については、同じ奥義之書を使って開眼させた場合と異なり、「開眼之書」(★6)を使って開眼させた場合、概ね60程度の強化経験値となるようです(確認中)。これからすると、「開眼之書」は★の数x10の強化経験値が入るのかもしれません。

 

また年末年始特別キャンペーンでは、1月5日の15時頃まで、「修羅への案内状」の効果が20%、「魔界への案内状」の効果が40%にアップとなるようです。元々の効果は「修羅への案内状」は討伐軍ポイントが15%アップ、「魔界への案内状」は討伐軍ポイントが30%アップですので、微増ですが両方を同時に使用すると通常49.5%アップのところ、討伐軍ポイントが68%アップとかなり強力なっています。

 

ただ、討伐軍Pの獲得アップにつながるアイテムを追加したことに対しては個人的にあまり評価しておらず、こうした使用促進キャンペーンはあまり歓迎したくないところです。

 

また、予告通り友達招待がリセットされ、報酬が更新されたようです。前回の報酬に比べ豪華になっていますので、友達招待が可能なプレイヤーの方は要チェックです。

 

今週の定期メンテナンス後より、1月5日の15:00頃までのイベントとして、「燃費向上イベント」、「世紀末遊戯(ミニゲーム)タイム」が開催されます。イベント期間が長いので、年末年始で忙しい方もなんとか参加できるのではないかと思います。

 

燃費向上イベントの対象エリアは以下の通りです。

「シンの居城」

「ジャギの根城」

「妖星の居城」

南斗五車星

 

世紀末遊戯(ミニゲーム)タイムの対象エリアは以下の通りです。

「サザンクロス」/「ビレニィプリズン」:「ジード軍襲来!!」

「シンの居城」/「ゴッドランド」:「炸裂!北斗柔破斬!!」

牙一族のアジト」/「ジャギの根城」/「奇跡の村」:「俺の名前を言ってみろ!」

カサンドラ」/「拳王軍」/「拳王」/「拳王II」:「拳王長槍騎兵特攻!」

 

これからすると燃費向上イベントと対象エリアが重なっている「シンの居城」、「ジャギの根城」でミニゲームとの遭遇を狙ってみるのが良さそうです。相変わらず「拳王II」という無いエリアが対象になっていますが、前回「拳王軍II」は対象エリアとなっておらず、「北斗練気闘座」で「南斗水鳥拳」というミニゲームがミスで出現するという状況でしたので、「拳王軍II」と「北斗練気闘座」のどちらが対象エリアかは不明です。

 

なお、ミニゲームイベントは開催時間が3時から4時と非常に限定されています。バナーの時間表示が24時間表示になっていることを考えると、夕方3~4時では無く、深夜~早朝の3~4時なのでしょうかね。

 

さらに、上記イベントより開催期間が短いですが、「強敵レベル半減イベント」が12月29日まで開催されることになりました。これは毎日24時になると強敵のレベルが半分になるというイベントです。

※2014年12月30日の通常強敵名も無き修羅、真強敵ケンシロウ&黒王号戦の前哨戦スタート後に他のイベント同様2015年1月5日まで期間が延長されました。

 

公式Facebookに次回定期メンテナンスについてコメントがありました。

2015年1月2日は定期メンテナンスは行いません。また、2015年1月5日15時頃に短時間の臨時メンテナンスを行います。ご注意ください。

とのことです。

 

年末年始は盛りだくさんですが、あまりプレイに熱中し過ぎて、睡眠不足に陥らないよう、気をつけて下さい。