読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2015.1.30)

先週の定期メンテナンス後に実装された伝承者育成システムですが、それによって緑色のオーラに包まれた伝承者がホーム画面に表示されているプレイヤーがポツポツと出てきたようです。

 

一度獲得した伝承者を再度獲得すると、伝承者選択画面に増加する討伐軍Pが%で表示されるようになるようです。また、その伝承者を使用した場合、ホーム画面に伝承者が緑色のオーラに包まれて表示されるようです。伝承者の育成が進むとオーラの色が変わるか否かについては、まだ最大でも育成が1段階進んだ2%増加の伝承者しか存在していないため不明ですが、もし変わるようですと面白いですね。

 

なお、オーラに包まれた伝承者が他のプレイヤーからも見えるのに対し、背景については他のプレイヤーが見た画面には変更が反映されません。こうした仕様については少々疑問に感じるところです。

 

なお、公式Facebook

 

ケンシロウ等のデフォルトの伝承者の育成方法は、来週(30日)の定期メンテナンスにて。

 

とコメントがありましたが、今回の定期メンテナンス後に更新された種もみ報酬で、伝承者ケンシロウ、ジード軍が獲得出来るようになっています。伝承者ケンシロウ獲得には10,000粒の種もみが必要となかなか大変ですが、それに対して伝承者ジード軍は3,000粒で名言まで付いてくるというお買い得(?)な設定になっています。名言無しの伝承者ケンシロウと名言有りの伝承者ジード軍なら、ほとんどの場合ジード軍の方が強敵に与えるダメージは大きくなるので、名言を所持しておらず、また使いやすい伝承者の名言が入手出来るまで待てないという短気な(?)方は、この機会に取得するしてみるのも手でしょう。

 

決闘伝については、現在の☆(星)1つで鍛錬之間がプレイ出来、勝てば15粒前後の種もみを獲得出来るという仕様は、負けることでランクが下がることを気にしないのであれば、それなりに良い条件ではないかと思います。しかしながら、決闘伝はリリース後相当の期間が経過しているのにも関わらず未だβ版であり、仕様についても多くのプレイヤーが不満に感じている部分を放置して、妙なバランス調整を繰り返しているという印象があります。特に勝利数と勝率による決闘伝ランク決定の問題は大きく、結果として敗色が濃厚となるとプレイ途中で対戦を放棄するプレイヤーが増えるということにつながっています。さらに問題なのは、Yahoo!mobageで禁止されている複数アカウントを作成して、本アカウントとサブアカウントで対戦するという方法が蔓延してしまうことです。

 

個人的には決闘伝ランクと勝率は不要で、これを撤廃してしまうのが良いと考えていますが、決闘伝ランクを勝利数のみで決める、あるいは勝率の寄与を極端に下げることでも良いでしょう。これが成ってはじめてゲーム性について議論が出来るのではないかと思っているのですが、なぜ真っ先に手を加えるべき部分にメスを入れようとしないのでしょうかね。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として追加されたものは以下の通りです。「南斗獄屠拳」(★7)は期間限定奥義習得で先行して登場していましたが、Sレア石版でも習得可能となったようですね。また、「修羅のナイフ」は現在の最新ステージ「修羅の国 STAGE3」で雑魚キャラ、名も無き双剣の下位修羅が装備・ドロップする奥義之書です。昨年の1月初め頃まではノーマル石板から「棒術」や「斧」などが普通に出現していたので、そういう意味では驚くに値しないのかもしれませんが、死闘伝のステージに登場する雑魚キャラの奥義之書が石版から出現するというのは随分久しぶりに感じます。

また、「修羅のナイフ」ですが、「名も無き修羅が使う武器。」と説明があるように、伝承者名も無き修羅が装備すると、流派ボーナスに加え、使用者ボーナスが発生するようです。

「修羅のナイフ」(★6) 攻撃143防御46

「修羅のナイフ」(★5)  攻撃106防御31

「修羅のナイフ」(★4) 攻撃78防御21

「修羅のナイフ」(★3) 攻撃53防御11

「鉤爪」(★6) 攻撃148防御50

「鉤爪」(★5) 攻撃111防御35

「鉤爪」(★4) 攻撃83防御25

「鉤爪」(★3) 攻撃58防御20

「南斗獄屠拳」(★7) 攻撃220防御103

 

今週の期間限定奥義習得は「シン&ユダ奥義」が一押しとのことです。★の数が異なる奥義之書は既に登場していましたが、「南斗獄斗双脚」(★4)と「南斗羅砕点」(★5)と(★4)は初登場のように思います。

 

今週のイベントは「強敵レベル半減イベント」となりました。2月1日(月)まで、24時を過ぎると強敵のレベルが半分になるというイベントです。プレイヤーからはあまり歓迎されないイベントですが、今週の通常/レア強敵、赤鯱は苦手流派が他流と、多くのプレイヤーにとってダメージが与えにくい相手ということもあってか、レベルが上がってくるとあまり攻撃されなくなるので、タイミング的には良かったかもしれません。

 

なお、「強敵レベル半減イベント」では、その日に初めて出現した強敵のレベルより下がることは無い点にご注意下さい。個人的には条件無しでレベルを半減させても面白いのでは、と思いますけれどもね。