読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2015.3.10~3.16)

強敵バロール、真強敵リチェルカ

(2015.3.10~3.16)

 

通常/レア強敵バロール

装備:

「飛翔竜進撃」(★5) 攻撃100防御50

「飛翔竜進撃」(★4) 攻撃70防御35

「飛翔竜胎動」(★5) 攻撃122防御45

「飛翔竜胎動」(★4) 攻撃92防御25

「飛翔帰化」(★6) 攻撃178防御853

「飛翔帰化」(★5) 攻撃148防御206

苦手流派:慈愛

苦手奥義:有情破顔拳/有情断迅拳/有情猛翔波、渾身の一撃/北斗滅天把/北斗覇砕拳、手裏剣ヨーヨー/アンカーフック、鉄爪/鉤爪/南斗残影牙手、ダイナマイト/手榴弾/爆弾

 

真強敵リチェルカ

装備:

「駿足の蹄」(★6) 攻撃150防御95

「駿足の蹄」(★5) 攻撃112防御65

「駿足の蹄」(★4) 攻撃84防御40

「嗜虐的戦意」(★6) 攻撃163防御26

「嗜虐的戦意」(★5) 攻撃123防御11

「嗜虐的戦意」(★4) 攻撃90防御6

「神秘の左目」(★4) 攻撃10防御10

苦手流派:南斗聖拳

苦手奥義:南斗獄屠拳/南斗獄斗双脚/南斗白鷺烈脚、南斗水鳥拳/南斗水鳥拳・義/南斗紅鶴拳、垂直蹴り/北斗飛天回旋腿、投矢/ニードルマシンガン/含み針、斧/戦斧

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。

<p※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

前回登場した通常/レア強敵のディケイド、真強敵ネルファーと同様に、通常/レア強敵のバロール、真強敵のリチェルカは共に「ドラゴンタクティクスf」でそれぞれのキャラクターが覚えるスキルを装備して登場してきました。

 

通常/レア強敵バロール

「飛翔竜進撃」 奥義発動時効果:大ダメージ!

「飛翔竜胎動」 奥義発動時効果:大ダメージ!

「飛翔帰化」 奥義発動時効果:ダメージを与えつつ一定時間クリティカルヒット率UP!

 

真強敵リチェルカ

「駿足の蹄」 奥義発動時効果:大ダメージ!

「嗜虐的戦意」 奥義発動時効果:超ダメージ!

「神秘の左眼」 奥義発動時効果:一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!

 

通常/レア強敵のバロールの苦手流派は意外にも慈愛でした。流派が慈愛の攻撃系奥義之書は今のところ「伏兵」しかありませんので、流派が慈愛の伝承者であるマミヤ、天帝ルイを使うにしても、多くのプレイヤーにとってダメージを与えづらい強敵ではないかと思います。

 

真強敵のリチェルカは「一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!」という効果を持つ「神秘の左眼」を装備しており、これを使われると詰んでしまう可能性があります。ただし、リチェルカには「敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という打ち消し系の奥義之書が無いので、対策に打ち消し系の奥義之書を装備する程ではなく、「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という効果を持つ奥義之書を装備して、強化系奥義之書の効果が切れるギリギリまでタイピングで引っ張る程度で大丈夫だと思います。

 

強敵マミヤ、真強敵天帝ルイ

(2015.3.17~3.23)

 

次回は強敵マミヤ、真強敵天帝ルイが登場です。

 

通常/レア強敵のマミヤは2014年11月18日~11月24日に通常/レア強敵として登場して以来となります。マミヤの苦手流派は北斗神拳、前回登場時までの苦手奥義は「北斗千手壊拳」、「南斗鳳凰拳」、「南斗水鳥拳/南斗水鳥拳・義」、「南斗凄気網波」、「南斗紅鶴拳」、「南斗鶴嘴翼斬」、「南斗斫撃」、「鷹酔夢幻突」、「華山角抵戯」といったところです。

 

これまでマミヤは苦手流派が北斗神拳であることに加え、「敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という効果を持つ奥義之書を装備していなかったため、比較的戦いやすい相手でした。強力な奥義之書が続々と登場した関係で、マミヤが使用者となっている奥義之書の相対的な弱体化が進んでいるため、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」という効果を持つ新奥義之書が登場してくる可能性もありますが、出来れば与ダメージを大きく減らすことになる奥義之書の追加は避けてもらいたいものです。

 

真強敵の天帝ルイは2014年12月9日~12月15日に通常/レア強敵として登場して以来となります。天帝ルイは初回登場時、真強敵として登場したのですが、前回通常/レア強敵に格下げとなっていました。次回は再び真強敵に復帰しての登場となります。天帝ルイの苦手流派は他流、前回登場時までの苦手奥義は「南斗残影牙手」、「酔鷹夢幻突」、「烈闘破鋼棍」、「死の抱擁」、「跳刀地背拳/跳刀地背拳・騙」、「火闘術」、「投げ輪」、「騙し討ち」、「握り潰し」といったところです。

 

天帝ルイは苦手流派が他流のため少々戦いづらい相手ですが、天帝ルイが使用者となっている奥義之書はこれまで「相手にダメージを与えると共に自分も大ダメージ!」の効果を持つ「伏兵」のみしかなかったため、素直に最強デッキで挑めば特に問題のない相手でした。通常/レア強敵のマミヤ同様、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」といったプレイヤーを苛立たせる奥義之書の追加は出来れば避けて欲しいものです。