読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2015.6.23~6.29)

■強敵ジャギ・凶、真強敵ケンシロウ&黒王号

(2015.6.23~6.29) 

 

通常/レア強敵ジャギ・凶

装備:

「北斗飛燕剪手」(★6) 攻撃170防御40

「南斗邪狼撃」(★6) 攻撃163防御25

「北斗羅漢撃・凶」(★6) 攻撃168防御15

「北斗千手殺」(★5) 攻撃80防御70

「ジャギ流 南斗聖拳」(★5) 攻撃111防御44

「含み針」(★5) 攻撃73防御42

「ショットガン」(★5) 攻撃80防御25

苦手流派:南斗聖拳

苦手奥義:北斗千手壊拳、北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘、北斗残悔積歩拳、北斗八悶九断、北斗天勢撃、北斗挑雷旋腿、烈脚空舞、五車炎情拳、五車風裂拳、五車山峨斬

 

真強敵ケンシロウ&黒王号

装備:

「北斗百裂拳・強」(★6) 攻撃165防御90

「北斗空旋脚」(★6) 攻撃175防御55

「北斗八悶九断」(★6) 攻撃168防御75

「百裂両斬波」(★6) 攻撃166防御100

「北斗指流点」(★3) 攻撃67防御35

「北斗双龍撃」(★5) 攻撃145防御65

「北斗挑雷旋腿」(★5) 攻撃129防御60

苦手流派:北斗宗家

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘/北斗剛掌波・強、天将奔烈、極星十字拳/極星十字衝破風、黄光刹斬、魔闘気、擾摩光掌、万手魔音拳、撃壁背水掌、鬼の拳、相討ち

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵のジャギ・凶は2015年1月6日~1月12日に同じくジャギ・凶として登場した時の装備に「大ダメージ!」の「北斗飛燕剪手」(★6)を追加し、「北斗羅漢撃」(★5)を「北斗羅漢撃・凶」(★6)に変更することによって、攻撃力アップを図った装備で登場してきました。

 

ジャギ・凶が装備している特殊効果を持つ奥義之書は「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「南斗邪狼撃」、「ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に! 」という効果を持つ「含み針」の2つです。苦手流派が南斗聖拳のため、苦手流派が北斗神拳の強敵よりはややダメージを与えづらいですが、「2015年☆サマーキャンペーン」の報酬が配布される今週の定期メンテナンス後には、簡単に倒されてしまう可能性が大です。

 

真強敵のケンシロウ&黒王号は前回、ケンシロウ・蒼として登場した時の装備から、「降翔格脚」(★6)を「北斗空旋脚」(★6)に入れ換えた形の装備で登場してきました。「北斗空旋脚」(★6)は「大ダメージ!」の奥義なので、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ奥義が1つ減って、「北斗双龍撃」のみとなっています。他にケンシロウ&黒王号は特殊効果を持つ奥義之書として「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ「北斗挑雷旋腿」を装備しています。

 

ケンシロウ&黒王号の苦手流派は前回ケンシロウ・蒼として登場した時の苦手流派を引き継ぎ、北斗宗家となっています。したがって、多くのプレイヤーにとって、ダメージを与えづらい相手となっています。

 

今回、ランキング報酬としてケンシロウ、ジャギの「大ダメージ!」奥義がそれぞれ1種ずつ追加されています。(★6)の奥義之書については既に期間限定奥義習得・青にこっそりと登場していましたが、(★5)以下の奥義之書は初登場となります。

「北斗空旋脚」(★6) 攻撃175防御55

「北斗空旋脚」(★5) 攻撃140防御35

「北斗空旋脚」(★4) 攻撃110防御20

「北斗飛燕剪手」(★6) 攻撃170防御40

「北斗飛燕剪手」(★5) 攻撃130防御25

   

■次回強敵赤鯱と海賊たち、真強敵金色のファルコ

(2015.6.30~7.6) 

 

次回は強敵赤鯱と海賊たち、真強敵金色のファルコが登場します。

 

通常/レア強敵の赤鯱と海賊たちは初登場ですが、2015年1月27日~2月2日に赤鯱が単独で通常/レア強敵として登場しています。これは「牙大王」→「牙一族」、「ジャッカル」→「ジャッカル&フォックス」のように伝承者に格上げされるときに周辺のキャラとひとまとめにされるパターンかと思います。

 

ただし、赤鯱と海賊たちの場合は・・・

「双胴の鯱」じゃないの???

原作できちんと海賊団の名前が登場しているのに見事にスルーしているのはちょっと問題かもしれません。

 

赤鯱と海賊たちは前例から考えるとおそらく赤鯱単独の苦手流派と苦手奥義(の一部)を引き継ぐものと思われます。前回赤鯱として登場した時の苦手流派は他流、苦手奥義は「南斗獄屠拳/南斗獄斗双脚」、「南斗凄気網波」、「喝把玩」、「忍棍妖破陣」、「千手魔破」、「蒙古妖禽掌」、「華山獄握爪」、「ボウガン/クロスボウ」といったところです。

 

真強敵の金色のファルコは2015年2月24日~3月2日以来の登場となりますが、 ノーマルのファルコが2015年5月26日~6月1日に登場していますので、比較的良いペースかと思います。

 

金色のファルコの苦手流派は北斗琉拳、前回ノーマルのファルコとして登場した時の苦手奥義は「天破活殺」、「北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘」、「北斗滅天把」、「北斗覇砕拳」、「七星点心」、「七星抹殺」、「万手魔音拳」、「忍棍妖破陣」、「毒蜘蛛手刀滅把妖牙」といったところです。

 

サウザーの「天翔十字鳳」に対し聖帝の「帝王の体」、ジャギ・凶に特有の「含み針」、「ショットガン」といった、伝承者による装備の違いは今のところ金色のファルコとノーマルのファルコには無いようです。ファルコの特殊効果を持つ奥義には「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」という効果を持つ「滅凍黄凄陣」、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「衝の輪」、そして「大ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「元斗猛天掌」があります。

 

今回のケンシロウ&黒王号もそうですが、最近になってようやく「敵の奥義効果を1つ/2つ/3つ無効に!」という効果を持つ打ち消し系の奥義之書の発動率を下げる方向性にバランスを取り始めたように感じます。そもそも、打ち消し系の奥義は「相手の攻撃力ダウン」や「相手の防御力ダウン」といった敵につく伝承者特性の効果を無効化してしまうので、存在自体がバグなんじゃないかと感じています。今更ですが、運ではなく戦略で与ダメージに差が付くような工夫が欲しいですね。