読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2015.12.8~12.14)

■強敵レイ、真強敵シュウ

(2015.12.8~12.14)

 

通常/レア強敵レイ

装備:

「断己相殺拳」(★6) 攻撃170防御90

「飛翔白麗」(★6) 攻撃120防御100

「南斗躍空落斫」(★6) 攻撃175防御40

「南斗孔雀掌」(★5) 攻撃110防御100

「南斗狂鶴翔舞」(★5) 攻撃125防御55

「南斗鶴翼迅斬」(★5) 攻撃129防御40

「南斗鶴歩斬掃」(★5) 攻撃138防御25

苦手流派:北斗神拳

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘/北斗剛掌波・強、北斗羅烈拳、降翔格脚、陰陽風殺掌、南斗烈脚斬陣、北斗有情猛翔破、南斗爆星波、極星十字拳/極星十字破衝風、血粧嘴、独転葬手、相討ち、暗琉転破/暗琉転破・魔

 

真強敵シュウ

装備:

「羅気誘幻掌」(★6) 攻撃171防御3

「南斗貫頂爪」(★6) 攻撃174防御25

「南斗白鷺烈脚」(★6) 攻撃155防御73

「南斗天翔貫頂」(★6) 攻撃147防御88

「南斗遊雀連斬」(★5) 攻撃130防御57

「南斗烈脚斬陣」(★5) 攻撃70防御100

「南斗奔鷹乱脚」(★5) 攻撃130防御57

苦手流派:南斗聖拳

苦手奥義:天翔百裂拳、北斗双龍波、北斗滅天把、北斗覇砕拳、飛翔白麗、極星十字拳、鳳凰割絶翼

 

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

通常/レア強敵のレイは前回、2015年7月14日~7月20日にノーマルのレイとして、通常/レア強敵で登場した時の装備の「南斗孔雀掌」(★6)をなぜか(★5)にダウングレードしての登場となりました。

 

レイが装備している特殊効果を持つ奥義之書には「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」という効果を持つ「南斗孔雀掌」と「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ「南斗鶴翼迅斬」の2つがあります。特に対策は必要ありませんが、可能ならば早い段階で「南斗鶴翼迅斬」を発動された時のために、レイの苦手流派である、北斗神拳の「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ無効に!」の効果を持つ奥義之書を装備しておくと対応が楽になるでしょう。 

 

真強敵のシュウは前回登場時と装備に変化はありません。シュウの装備している特殊効果を持つ奥義之書は「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「南斗奔鷹乱脚」のみです。

 

シュウは自身の流派と苦手流派が南斗聖拳で一致しており、装備している奥義之書も発動により強化系奥義之書への影響が無いため、「水影心」デッキもそれなりに有効です。それなりになってしまうのは、装備している奥義之書の攻撃力にかなり差があるためで、☆3つを要する真強敵との戦いで「水影心」デッキが不発に終わる可能性があることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

■次回強敵コウケツ&ペット、真強敵リュウケン

(2015.12.15~12.21)

 

次回は強敵コウケツ&ペット、真強敵リュウケンが登場します。

 

強敵コウケツ&ペットは初登場となります。「コウケツの開拓地 STAGE2」でコウケツのペットが、「コウケツの開拓地 STAGE3」でコウケツ&ペットがボスキャラとして登場していることもあり、コウケツ&ペットが使用者となっている奥義之書は「大ダメージ!」の「強襲」と「煩苦覇棍」、「大ダメージを与えつつ一定時間クリティカルヒット率UP!」の効果を持つ「羈獣拳」、「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「四連ボウガン」、さらに「短時間、攻撃力UP!」の効果を持つ「怪しい薬」と揃っています。

 

これらの奥義之書は全て流派が我流となっていますので、伝承者として配布されるであろう、コウケツ&ペットの流派は我流となるはずです。また、コウケツ&ペットの苦手流派は北斗神拳が妥当ですが、なんでもありと考えておいた方が良さそうです。

 

真強敵のリュウケンは前回2015年6月9日~6月15日に真強敵として登場して以来となります。リュウケンの苦手流派は北斗神拳、前回登場時の苦手奥義は「天将奔烈」、「北斗千手殺」、「北斗天勢撃」、「北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘」、「七星抹殺」、「黄光刹斬」、「撃壁背水掌」といったところです。リュウケンは自身の流派と苦手流派が北斗神拳で一致していますが、リュウケンには「大ダメージを与えつつ、一定時間次の攻撃が無効に!」という効果を持つ「北斗羅漢撃・師」があるので、今回のシュウに比べると、やや水影心デッキが不発に終わる可能性が高いでしょう。

 

リュウケンの奥義である「七星点心」は2014年3月11日~3月17日に真強敵としてリュウケンが初登場した際、初の「超ダメージ!」の奥義之書として登場し、初出時は私もやり過ぎだと批判したのですが、今となっては他に強力な奥義之書が出てきたこともあり、目立たない存在になりつつあります。「超ダメージ!」の攻撃力を高く見積もっていたこともありますが、ちょっと勇み足だったかと感じています。その後「超ダメージ!」から「究極ダメージ!」、「伝説ダメージ!」、「神ダメージ!」と奥義之書の効果のインフレが加速しなかったのは良かったですね。

 

【百裂MAX】強敵ジード軍、真強敵シン

(2015.12.8~12.14)

 

通常/レア強敵ジード軍
苦手流派:北斗神拳
苦手奥義:南斗獄屠拳

 

真強敵シン
苦手流派:北斗神拳
苦手奥義:北斗百裂拳 北斗羅漢撃

 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。

 

裏の「北斗の拳 百裂MAX」では強敵ジード軍、真強敵シンが登場しています。苦手流派は共に北斗神拳となっています。真強敵のシンは「激打MAX」と異なり、「北斗百裂拳」が苦手奥義に設定されていますので、多くのプレイヤーにとってダメージを与えやすい相手となっています。

 

次回は強敵牙一族と真強敵デビルリバースが登場です。「激打MAX」における設定から推測すると、通常/レア強敵の牙一族の苦手流派は我流、真強敵のデビルリバースの苦手流派は北斗神拳となりそうです。また牙一族の苦手奥義として「岩山両斬波」、デビルリバースの苦手奥義として「北斗七死星点」までは、ほぼ確定と思われます。プラスアルファで何が追加されるかに注目といったところでしょうか。