読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2015.12.11)

今週は新ステージ「サヴァの国 STAGE4」が追加され、アサムの息子3兄弟「サヴァの三帝星」がボスキャラとして登場しました。「サヴァの国 STAGE4」ではサヴァの国を脅かす野獣の首領、ヒューモが「野獣の長」として、ザコキャラで登場しているのが面白いところです。

 

ボスキャラクラスのキャラクターがザコキャラで登場しているのはこれが初めてでは無く、これまででも原作では修羅の国編で登場するギョウコが、「北斗琉拳聖塔 STAGE3」の「剛腕の上級修羅」としてザコキャラで登場していたりしています。ギョウコの場合は「ぶちかまし」という奥義まで存在しているのですが、ボスキャラ扱いにはならなかったようです。個人的には「自称北斗神拳使いの男」をボスキャラにするのであれば、ステージ進行を急がずにボスキャラとして登場させても良かったように思うのですが、各エリアにおけるステージ数の区切りの良さを優先するかのように、省略されているのは残念に思います。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として新たに追加されたものは以下の通りです。このタイミングでレイの新奥義を入れてくるのは、斬新というか意味不明というか・・・。

「遊昇凄舞」(★6) 攻撃190防御85

「遊昇凄舞」(★5) 攻撃160防御65

「遊昇凄舞」(★4) 攻撃130防御45

「南斗天勢落斫」(★6) 攻撃179防御50

「南斗天勢落斫」(★5) 攻撃144防御35

「南斗天勢落斫」(★4) 攻撃110防御25

 

期間限定奥義習得・赤は「トキ奥義」となっています。比較的奥義之書の数が少ないので、開眼が進む可能性は高くなっていますが、上位の奥義之書が出現する可能性自体があまり高くないので、過度の期待は禁物といったところでしょうか。

 

期間限定奥義習得・緑は「★5までのケンシロウ奥義」で固定。期間限定奥義習得・青がいつもの「★6以上の奥義!」で今週復活しています。

 

さらに、今回の定期メンテナンス終了後から、次回の定期メンテナンスが始まる12月18日(金)の14時頃まで、連続奥義習得スペシャルキャンペーンがスタートとなっています。内容は以下の通りです。

 

・Sレア5連続奥義習得を利用するとSSSランクの奥義1つが確定!

・期間中Sレア奥義習得を10回以上利用すると伝承者ケンシロウをプレゼント!

・期間中Sレア奥義習得を20回以上利用すると北斗神拳伝承者の証をプレゼント!

 

連続奥義習得で上位ランクの奥義の出現が確定するというパターンは、他ゲームでは割とありますが、「北斗の拳 激打MAX」では、これまで無かったパターンです。SSSランクは51枚ありますから、そこから「夢想転生」、「夢想転生・闘」、「暗琉天破」、「暗琉天破・魔」を引く確率は7.84%程度とそれ以外にも使える奥義之書が多いことを考えるとそれほど悪くはありません。ただし、1日回数限定の割引が無く、5連続奥義習得1回で5000モバコイン必要となりますので、あまり熱くならない方が良いでしょう。

 

 今週のイベントは「奥義ドロップ率アップイベント」となりました。前回2015年11月13日(金)、前々回2015年10月16日(金)開催とここのところ概ね1ヶ月1回の開催で推移しているようです。

 

「奥義ドロップ率アップイベント」は12月14日(月)の14時頃まで、死闘伝の各ステージに登場するボスキャラがドロップする奥義之書のドロップ率が大幅にアップするというイベントです。各ボスキャラがドロップする奥義之書については拙ブログの「死闘伝攻略を参考にして、どの奥義之書を狙うか検討してみると良いでしょう。

 

北斗琉拳聖塔 STAGE3」の新世紀創造主カイオウがドロップする「魔闘気」(★6)など、強力な奥義之書は元々のドロップ率が低いため、「奥義ドロップ率アップイベント」でも、そう簡単にドロップしないので、過度の期待をしない方が精神衛生上は良いでしょう。