読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

今週の強敵討伐戦展望(2016.6.14~6.20)

強敵討伐戦展望

■強敵シャチ、真強敵ケンシロウ・蒼

(2016.6.14~6.20)

 

通常/レア強敵シャチ

装備:

「喝把玩」(★6) 攻撃170防御60

「喝把玩」(★5) 攻撃130防御45

「喝把玩」(★5) 攻撃130防御45

「破摩独指」(★4) 攻撃100防御25 

苦手流派:慈愛

苦手奥義:無想転生/無想転生・闘、魔闘気、魔舞紅躁、暗琉天破、凄妙弾烈、万手魔音拳、蒙古妖禽掌、踏み潰し

 

真強敵ケンシロウ・蒼

装備:

「北斗百裂拳・強」(★6) 攻撃165防御90

「降翔格脚」(★6) 攻撃167防御105

「北斗飛燕剪手・強」(★6) 攻撃175防御39

「北斗天勢撃」(★6) 攻撃175防御78

「北斗指流点」(★3) 攻撃67防御35

「百裂双龍撃」(★5) 攻撃145防御65

「北斗挑雷旋腿」(★5) 攻撃129防御60

苦手流派:北斗宗家

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘/北斗剛掌波・強、天将奔烈、極星十字拳/極星十字衝破風、黄光刹斬、魔闘気、暗流天破、暗琉霏破、凄妙弾烈、擾摩光掌、万手魔音拳、撃壁背水掌、鬼の拳、相討ち

  

※奥義之書のパラメータはレベル1のものです。レベルアップ後のパラメータに関しては、サイドバーにあるパラメータ計算機を使って算出して下さい。 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。 

 

通常/レア強敵のシャチは前回2015年7月21日~7月27日にノーマルのシャチとして真強敵で登場した時と同じ装備で登場してきました。シャチの装備している特殊効果を持つ奥義之書は「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」の効果を「破摩独指」のみで、シャチ・醒が装備していた「大ダメージを与えつつ、一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!」の効果を持つ「双背逆葬」を持っていない分、戦いやすくなっていると思います。

 

なお、「双背逆葬」は原作でシャチがボロに変装し、リンを連れてハンの前に現れた際、その正体を見抜いたハンが投げたチェスの駒を投げ返した技として登場しています。.そのため、これがシャチ・醒の固有奥義に設定されるようだと、ちょっと違和感があるのですが、装備されると厄介なので良しとしておきたいと思います。

 

真強敵のケンシロウ・蒼は前回登場時と装備に変更はありません。ケンシロウ・蒼は「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を2つ無効に!」の効果を持つ「北斗天勢撃」、「大ダメージを与えつつ敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「降翔格脚」と「北斗双龍撃」、そして「大ダメージを与えつつ一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つ「北斗挑雷旋腿」と、装備している奥義之書の半数以上の4つが特殊効果を持つ奥義之書となっています。

 

特に打ち消し系の奥義之書が多いので、奥義之書を発動し切る前に、これら奥義之書が発動されないよう祈りましょう。

 

■次回強敵レイ、真強敵アサム

(2016.6.21~6.27)

 

次回は強敵レイ、真強敵アサムが登場します。

 

通常/レア強敵のレイは2015年12月8日~12月14日に登場して以来となります。また、その間にレイ・義が2016年2月16日~2月22日に真強敵として登場しています。レイの苦手流派は北斗神拳、前回レイ・義として登場した時の苦手奥義は「北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘/北斗剛掌波・強」、「北斗羅烈拳」、「降翔格脚」、「陰陽風殺掌」、「北斗有情猛翔破」、「南斗烈脚斬陣」、「南斗爆星波」、「極星十字拳/極星十字破衝風」、「血粧嘴」、「独転葬手」、「暗琉転破/暗琉転破・魔」、「相討ち」といったところです。

 

真強敵のアサムは2016年1月26日~2月1日に真強敵として登場して以来、2度目の登場となります。アサムの苦手流派は北斗琉拳、前回登場時の苦手奥義は「北斗有情猛翔破」、「残影蠍拳」、「暗琉天破/暗琉天破・魔」といったところです。

 

前回登場時にアサムは「大乗南拳」しか奥義之書を装備していなかったのですが、今回はどうなるでしょうね。

 

【百裂MAX】強敵アミバ・狂、真強敵ジュウザ

(2016.6.14~6.20)

 

通常/レア強敵アミバ・狂

苦手流派:北斗神拳

苦手奥義:北斗有情破顔拳、誘幻掌、羅漢仁王拳、ジャギ流 南斗聖拳

 

真強敵ジュウザ

苦手流派:北斗神拳

苦手奥義:北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘

 

※苦手流派は攻撃力が1.5倍(通常攻撃も含む)になります。また、苦手奥義は奥義の攻撃力が2倍となり、苦手流派かつ苦手奥義であれば攻撃力は3倍になります。  

 

北斗の拳 百裂MAX」のアミバ・狂、ジュウザは共に苦手流派が北斗神拳であるため、比較的ダメージは与えやすいでしょう。

 

アミバ・狂は「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ無効に!」の効果を持つ「鷹酔夢幻突」を装備しており、ジュウザは「撃壁背水掌」(★5)3つに加え、「敵の奥義効果を2つ無効に!」の効果を持つ「油粧身」の(★5)と(★4)を1つずつ装備しています。

 

あまり歓迎はしたくありませんが、「百裂MAX」も強敵が打ち消しをバンバン使ってくる時代に突入したようです。

 

「百裂MAX」では次回強敵ウイグル獄長、真強敵リュウケンが登場します。

 

通常/レア強敵のウイグル獄長は2016年4月5日~4月11日に真強敵として登場して以来、今回は通常/レア強敵に格下げされての登場となります。ウイグル獄長の苦手流派は北斗神拳、前回登場時の苦手奥義は「北斗鋼裂把」、「北斗有情破顔拳」、「南斗紅鶴拳」といったところです。

 

真強敵のリュウケンは初登場です、「北斗の拳 激打MAX」の設定を引き継ぐのであれば、苦手流派は北斗神拳となります。リュウケンは原作でラオウに倒されたことから、「激打MAX」から「天将奔烈」、「北斗剛掌波/北斗剛掌波・闘」といったラオウの奥義を苦手奥義として引き継ぐのではないかと予想しています。