読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2016.8.4)

今週の定期メンテナンス後に新ステージ「殉星の章 シン STAGE3」が追加されました。ステージ紹介のバナーには以下のように記載されています。

 

KING軍の首領となり、ユリアのため略奪と殺戮を繰り返すシン!

サザンクロスの居城へ現れたのは、執念と怒りに燃えるケンシロウだった…!

 

なお、前ステージ「殉星の章 シン STAGE2」では以下のようになっていました。

 

悪魔が微笑む時代と説かれたシンは、数々の部下を従え力こそが正義と謳う!

愛するユリアを強奪し、ケンシロウの胸に7つの傷を刻んだ…!

 

前ステージのバナーの説明文だと、「殉星の章 シン STAGE2」がケンシロウの胸に七つの傷をつけ、ユリアを強奪する直前の戦いを描いたのか、あるいはその後の話なのかはっきりしなかったのですが、「殉星の章 シン STAGE3」が追加されたところを見ると、前ステージは南斗獄屠拳でケンシロウを打ち負かしたシーンを再現したものとなっているようです。

 

今週の定期メンテナンス後に★8奥義が追加されました。

 

北斗七星が泣いている!!

 

それとも、8つ目の星なので死兆星なのでしょうか?

 

現段階の情報ですと、(★8)の装備コストは6と、(★7)より下がっているのが目につきます。また、初期段階でLV35まで強化可能で、開眼により最大LV80、さらに覚醒により最大LV116まで強化可能となっているようです。(★7)の奥義之書の開眼によるレベル上限の上昇パターンから考えると、開眼によってレベル上限は以下のように推移すると予想できます。

 

★8:LV35→LV40→LV45→LV50→LV55→LV60→LV70→LV80

 

今回追加された(★8)の奥義之書は今のところ期間限定奥義習得・青でのみ習得可能となっているようです。

南斗水鳥拳」(★8) 攻撃218防御140

「北斗百裂拳」(★8) 攻撃230防御113

「南斗千手龍撃」(★8) 攻撃233防御113

 

(★8)の奥義之書は原作における死兆星の存在を考えればギリギリセーフなのかもしれませんが、個人的には何か別の方法で対応してもらいたかったところです。★の上限が引き上げられると、原作で登場した良く知られている奥義(ただし「南斗千手龍撃」はアニメ版のみ登場)が新奥義として追加されるのは良いところかもしれません。

 

期間限定奥義習得・赤は「元斗皇拳奥義」が一押しとなっています。次週ファルコが通常/レア強敵に格下げされて登場しますので、ここでファルコの名言を入手出来ると、頑張る気になるかもしれません。期間限定奥義習得・緑は定番の「★5までのケンシロウ奥義」、期間限定奥義習得・青は(★8)の奥義之書が追加され、「★6以上の厳選奥義+α」で継続中です。

 

今週のイベントは「種もみ増量イベント」となりました。

 

これは2016年8月8日(月)の14:00頃まで決闘伝の「鍛錬之間」で取得できる種もみが2.5倍に増量されるというものです。 今週の「鍛錬之間」はデッキ総合攻撃力が777以下に制限される「鍛錬(攻縛)之間」となっています。

 

また、今週は「奥義ドロップ率アップイベント」も同時開催となっています。

 

これは2016年8月8日(月)の14:00頃まで死闘伝の各ステージに登場するボスキャラがドロップする奥義之書のドロップ率が大幅にアップするというイベントです。各ボスキャラがドロップする奥義之書については拙ブログの「死闘伝攻略」を参考にして下さい。

 

今週の究極伝承者はレイ、およびハンとなっています。