読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2015.3.6)

今週は新ステージ「修羅の国II STAGE2」が追加されました。修羅の国編に登場するキャラは影が薄い(?)せいか、「修羅の国II STAGE2」にボスキャラとして登場したシエは、姿を見てその存在を思いだしたという感じでした。次はいよいよカイオウとの初戦でしょうかね。

 

現在「ドラゴンタクティクスf」とのコラボイベントが開催中ですが、「ドラゴンタクティクスf」側のミッションは思った以上に簡単で、ゲームの内容を理解できないうちに終わってしまったという感じです。「ドラゴンタクティクスf」のミッション進行状況は「マイページ」の右側に表示されるイベントのリストから、「北斗の拳 激打MAX ミッションクリアで報酬GET!!」とあるところを選択して、「ドラゴンタクティクスf ミッション」のタグから確認できます。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として新たに追加されたものは以下の通りです。ここ数回の定期メンテナンスではその後の追加奥義が多少抑え目になっている気もしますが、既に焼け石に水ですね。

「南斗翔鷲屠脚」(★6) 攻撃178防御37

「南斗翔鷲屠脚」(★5) 攻撃138防御22

「南斗翔鷲屠脚」(★4) 攻撃108防御12

「疾火煌陣」(★6) 攻撃165防御120

「疾火煌陣」(★5) 攻撃135防御100

「疾火煌陣」(★4) 攻撃105防御80

 

「期間限定奥義習得・赤」は「トキ&アミバ奥義」が一押しとなっているようです。アミバには「アミバ流 北斗神拳」と「アミバ邪流 鎧羅孔」の2つの強化系奥義之書があり、いずれも有用ですが、同じ★の数であれば「鳳凰呼闘塊天」がこれら奥義之書より強力なことが判明していますので、以前と比較して魅力が減少している感があります。なお、「期間限定奥義習得・緑」と先週登場した「期間限定奥義習得・青」は内容に変更はありません。

 

今週のイベントは「燃費向上イベント」となりました。これは対象エリアの移動に必要な行動力が3月9日(月)の14:00頃まで半分となるイベントで、今回の対象エリアは「サザンクロス」、「奇跡の村」、「中央帝都」、「修羅の国II」となっています。最新エリアの「修羅の国II」が対象エリアに入っていますので、既に「修羅の国II」の攻略を進めているプレイヤーは、強敵の策敵に必要な行動力の負担が減るので楽になるでしょう。ただし、ボスドロップと経験値効率の高さを狙って「修羅の国II」に進むのを止めているプレイヤーは無理に「修羅の国II」に進まない方が良いかもしれません。

 

また、まだ強化系の奥義之書が3枚揃っていないプレイヤーは「奇跡の村 STAGE3」のボスキャラ、アミバ・狂が稀にドロップする「アミバ流 北斗神拳」(★4)を狙って徘徊してみるのも良いでしょう。ただし、「奥義ドロップ率アップイベント」と異なり、ドロップ率は通常時と変わらず2%程度ですので、自然回復と愛による回復による行動力を使って徘徊する程度に留めておいた方が良さそうに思います。

 

さらに「コラボ記念企画!」として「伝承者追加付与イベント」が開催されます。これは通常/レア強敵のランキング報酬となっている伝承者「デビルリバース」、および真強敵のランキング報酬となっている伝承者「ケンシロウ&黒王号」がそれぞれのランキング1位のプレイヤーには通常配布される伝承者が1人から、さらに1人追加の計2人配布されるというものです。伝承者育成システムが採用されたため、こうしたイベントが可能になったのは良いのですが、対象がランキング1位のみというのは凄いですね。これは驚異的なトップ争いが見れるか、はたまた上位プレイヤーの反感を買って全く討伐軍Pが伸びないのか、ちょっと気になるところではあります。