読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2015.7.24)

今週は新ステージ「強者究極連戦 STAGE3」が追加されました。登場するボスキャラの種類が前2ステージの5人から8人と増加したことで、特定のキャラクターの出現率が下がりましたが、ザコキャラとして登場するマダラが「引き裂き」(★5)、ジャギ・凶が「北斗羅漢撃・凶」(★5)、レイが「南斗狂鶴翔舞」(★5)と使える奥義之書をドロップするのに加え、ボスキャラのアミバ・狂が「アミバ邪流 鎧羅孔」(★5)をドロップと、比較的使える奥義之書が入手可能となっています。

 

これらのドロップ奥義を全て最大まで開眼・強化すれば、それだけでかなりの戦力となります。もちろん、こうしたゲームの仕様変化は、そろそろ(★5)の奥義之書では戦力的に足らなくなりつつあるという、状況を反映してのものでもあるので、両手放しで歓迎出来るものではないというのも確かです。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として新たに追加されたものは以下の通りです。

「南斗躍空落斫」(★6) 攻撃175防御40

「南斗躍空落斫」(★5) 攻撃140防御25

「南斗躍空落斫」(★4) 攻撃防御

「北斗羅漢撃」(★7) 攻撃185防御113

 

期間限定奥義習得・赤は今回「サウザー奥義」が一押しとなっています。サウザーには「鳳凰呼闘塊天」という、「転龍呼吸法」、「アミバ流 北斗神拳」、「アミバ邪流 鎧羅孔」を上回る効果を持つ強化系奥義之書がありますが、「北斗呑龍呼法」に加え、「無想転生」、「無想転生・闘」、「暗琉天破」といった、より強力な強化系奥義之書が登場している現在では、「鳳凰呼闘塊天」狙いで奥義習得することにあまり魅力は感じられないでしょう。一方、南斗聖拳の伝承者としてサウザーを主力にして使用しているプレイヤーにとっては、サウザーの強力な奥義や(★6)の名言を入手することで更なるパワーアップが期待出来るでしょう。

 

期間限定奥義習得・緑は「★5までのケンシロウ奥義」が継続中です。また、今週は期間限定奥義習得・青が復活しています。内容については、これまで同様(★6)以上の奥義が集められたものになっています。 

  

今週のイベントは「奥義ドロップ率アップイベント」となりました。これは死闘伝の各ステージに登場するボスキャラがドロップする奥義之書のドロップ率が大幅にアップするというイベントです。期間は7月27日(月)の14:00頃までとなっています。

 

最新エリアの「強者究極連戦」で奥義之書ドロップ率が全般に上がるようですと、ちょっと凄いことになりそうですが、今のところどうなるかは不明です。

 

また、今週は「隔数順位イベント」も同時開催されます。これは7月27日(月)26時(7月28日(火)午前2時)に終了となる、強敵ジュウザ、真強敵シャチ戦で、通常/レア強敵の個人ランキング順位が奇数だったプレイヤーに慈愛伝承者の証が、真強敵の個人ランキングが奇数だったプレイヤーに伝承者マミヤがプレゼントされるというものになっています。