読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2015.8.7)

今週は予告通り新ステージ「強者究極連戦 STAGE4」が追加されました。今のところ確認できたドロップ奥義は以下の通りです。今回は拳王の「北斗剛掌波・闘」(★5)が目玉でしょうか?ウイグル獄長・恐のドロップ奥義が順当に「泰山流千条鞭」(★5)だと、前ステージと比較してパラメータ的に魅力のある奥義之書に乏しいステージになりそうです。

 

ザルカ:???

シーカー:「棒術」(★5)

でかいババァ:???

ライガ&フウガ:???

ガロン:「火闘術」(★5)

ウイグル獄長:「泰山流双条鞭」(★5)

ウイグル獄長・恐:???

拳王&黒王号:「踏み潰し」(★5)

拳王:「北斗剛掌波・闘」(★5)

 

また、今週スタートした強敵ソリア、真強敵カイオウ戦では、通常/レア強敵のソリアが「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を2つ無効に!」の効果を持つ「破の輪」、真強敵のカイオウが「大ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を3つ無効に!」の効果を持つ「北斗逆死葬」という、それぞれ1回で複数の奥義効果を無効化するという、プレイヤーにとって非常に嫌な奥義を装備しています。

 

ソリアの「元斗流輪光斬」やカイオウの「魔闘気」と比較して、こちらが受けるダメージがやたらと大きいので気が付いたのですが、「ダメージ」+「奥義効果無効」の奥義之書のダメージ算出方式がいつの間にか変わっているようです。

 

「(超・大・中)ダメージを与えつつ、敵の奥義効果を1つ/2つ/3つ無効に!」の効果を持つ打ち消し系の奥義之書のダメージ判定は「一定時間、攻撃をそのまま相手に返す!」の効果を持つ反射系の奥義や「一定時間次の攻撃が無効に!」の効果を持つダメージ無効系の奥義、そして「一定時間、攻撃が無効!」の効果を持つ無敵系の奥義の効果を無効化した後にダメージを与えることが出来ますが、強化系奥義之書の効果に対しては、これまでダメージを与えてから無効化という順番で処理されていました。

 

これまでのダメージ算出方式

反射・ダメージ無効・無敵系の奥義効果消滅

ダメージ算出

強化系の奥義効果消滅

 

この方式ですと、打ち消し系の奥義の攻撃を受けても強化系の奥義はダメージ算出後に効果が消されるため、強化系の奥義之書はダメージ軽減に有効でした。それが、いつの間にか強化系の奥義之書を無効化してからダメージ判定をするように変更されていたようです。(名言を発動させた状態でも「強者究極連戦 STAGE3」のボスキャラ、アミバ・凶の「アミバ邪流 激振孔」(★6)や「鷹爪夢幻突」(★6)であっさり沈んでいたことを考えると、「強者究極連戦 STAGE3」が追加された頃には既に変更されていたかもしれません。)

 

変更後のダメージ算出方式

反射・ダメージ無効・無敵系、および強化系の奥義効果消滅

ダメージ算出

 

こうなると、カイオウの「北斗逆死葬」などは奥義之書の効果を3つ無効化する奥義之書ですから、変更されたダメージ判定式では、強化系奥義の助けが無い状態で「大ダメージ!」の奥義を受けるのと同じことになります。「北斗逆死葬」(★6)の初期パラメータは攻撃198防御100と強力であり、レベル40の「北斗逆死葬」(★6)のパラメータは攻撃854防御451にも達します。被ダメージ計算機で計算して頂けるとわかるかと思いますが、これだけの攻撃力があると、防御力が1000程度ではレベル40でも余裕で2000ダメージを越えてくることになります。もう少し強敵のレベルが上がってくると、強化系奥義之書の助けが無ければ即ゲームオーバーになるほどの破壊力があります。

 

う~ん、この仕様変更で誰が得するのでしょうかね?元々プレイヤーの戦略的な工夫が入り込む余地がほとんど無いのに、一発でゲームオーバーになるような敵の奥義が存在し、なおかつそれが回避不能というのは、個人的にちょっと酷いなぁと感じます。

 

 今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として新たに追加されたものは以下の通りです。

「投げ付け」(★6) 攻撃165防御95

「投げ付け」(★5) 攻撃135防御65

「投げ付け」(★4) 攻撃105防御50

南斗鳳凰拳」(★7) 攻撃240防御68

 期間限定奥義習得・赤は「元斗皇拳奥義」が一押しのようです。今週スタートした強敵討伐戦で伝承者ソリアを入手したプレイヤーの方が戦力増強を狙うには良いかもしれません。また、期間限定奥義習得・緑は「★5までのケンシロウ奥義」で変更ありません。

 

お知らせに掲示されていますが、これまで「北斗双龍撃」と表記されていた奥義が「百裂双龍撃」と名称が修正されたようです。正・誤表記されているので版元から指摘があったのかもしれませんが、今のところ真相は不明です。真強敵ネルファー戦や強敵ジャッカル&フォックス戦で「北斗百裂拳」や「北斗百裂拳・強」と同時に苦手奥義に設定されていたこともあるので、妥当なのかもしれません。

 

今週のイベントは「燃費向上イベント」となりました。これは特定エリアの行動力が通常の半分になるというものです。対象エリアは「聖帝十字稜」、「帝都軍郡都」、「修羅の国」、そして「北斗琉拳聖塔」で、期限は8月10日(月)14:00頃までとなっています。「修羅の国」、「北斗琉拳聖塔」でドロップ奥義を狙ってみるのも良いでしょう。