読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2016.3.3)

アップデート情報等

今週、2016年3月1日(火)よりスタートした強敵マミヤ&アイリ、真強敵ユダ戦の前哨戦に併せて開催されている「ひな祭りイベント前半戦」ですが、報酬の内容が個人的にイマイチのように感じられたので、あまり盛り上がらないかも?と思っていたのですが、全ての報酬が獲得出来る3,000万ポイントに到達したプレイヤーが続出しており、上位プレイヤーの方々の底力を感じさせていただきました。この様子ですと、今後もこうしたイベントの開催が期待出来るかもしれませんね。

 

今週は定期メンテナンス後に新ステージ「復讐者ボルゲ STAGE1」が追加されました。ボルゲは原作「北斗の拳」で最後にケンシロウと戦うキャラクターとして登場しており、いよいよ死闘伝も原作のストーリーを一通りなぞり終えるというところまで来ました。その後どうなるのか?というのが気になるところですが、他のゲームでは本筋のストーリーとは別に期間限定ステージが登場していたりしますので、そうした方向で進んでくれると面白いかもしれません。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義として新たに追加されたものは以下の通りです。今週追加された「復讐者ボルゲ STAGE1」のボスキャラ、ボルゲの「多頭凶蛇棍(たずきょうじゃこん)」が早速追加されています。

「多頭凶蛇棍」(★6) 攻撃190防御4

「多頭凶蛇棍」(★5) 攻撃160防御3

「多頭凶蛇棍」(★4) 攻撃130防御2

「多頭凶蛇棍」(★3) 攻撃100防御1

 

期間限定奥義習得・赤は「トキ奥義」が一押しとなっています。期間限定奥義習得・緑、期間限定奥義習得・青はそれぞれ「★5までのケンシロウ奥義!」、「★6以上の厳選奥義+α」が継続中です。

 

今週のイベントは「強化之書ドロップイベント」となりました。

 

これは2016年3月7日(月)の14:00頃まで、各ステージの一部ザコが強化之書をドロップするというものです。強化之書をドロップするザコキャラは各ステージで一番経験値の高いザコキャラとなっています。ただし、「強者究極連戦」は例外で、必ずしも一番経験値が高いザコキャラがドロップするわけではなく、特に法則もなく特定のキャラが強化の書をドロップするようになっています。また、「強者究極連戦」エリアで奥義之書のドロップを狙っているプレイヤーの方は、特定のキャラが奥義之書を落とさなくなることに注意しましょう。

 

「強者究極連戦 STAGE1」:(★2)/ジード

「強者究極連戦 STAGE2」:(★3)/カーネル

「強者究極連戦 STAGE3」:(★3)/レイ、ジャギ・凶

「強者究極連戦 STAGE4」:(★3)/でかいババァ、ウイグル獄長・恐

「強者究極連戦 STAGE5」:(★3)ユダ、シュウ

「強者究極連戦 STAGE6」:(★3)/ジャドウ、ジュウザ

 

前々回2015年10月30日より開催された「強化之書ドロップイベント」から「強化之書」(★4)がドロップするようになっています。「サヴァの国 STAGE1」以降のステージで「強化之書」(★4)がドロップするようですが、全てのステージで確認は出来ていません。こちらの方でドロップする強化之書が判明しているステージは以下の通りです。

新ステージ「復讐者ボルゲ STAGE1」では「強化之書」(★4)が入手できるようです。

 

「サヴァの国 STAGE1」:「強化之書」(★4)

「サヴァの国 STAGE2」:

「サヴァの国 STAGE3」:

「サヴァの国 STAGE4」:

ブランカ王国 STAGE1」:「強化之書」(★4)

ブランカ王国 STAGE2」:

「覇王の章 ラオウ STAGE1」:「強化之書」(★4)  

「覇王の章 ラオウ STAGE2」:

「覇王の章 ラオウ STAGE3」:

「復讐者ボルゲ」:「強化之書」(★4)

 

決闘伝は今週、縛りのない「鍛錬之間」となっています。