読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳端末救世主伝説

「北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~」について語るページです。

定期メンテナンス後のアップデート(2016.6.2)

先週の定期メンテナンス後に「究極ボーナス」システムが実装されましたが、先週の定期メンテナンス後のバージョンは先々週のVer.1.18.1から変化がありませんでした。今週も引き続きVer.1.18.1と変更がなく、2016年5月6日にVer.1.18.1にバージョンが上がってから、ここまで変更がありません。

 

バージョンアップの表記自体がいい加減なのかもしれませんが、それを信じるとすると、「究極ボーナス」のシステム自体はひと月近く前から実装されていたことになります。

 

究極伝承者は、先週のリュウガとジャギ・凶から、今週はユダとコウリュウになりました。

 

※究極ボーナス値は伝承者によって相違する場合もございます。

 

バナーに上記のような注釈が記載されており、究極ボーナス値は一律12%というわけでは無いようです。

 

今週の定期メンテナンス後に石版から習得可能な奥義之書として新たに追加されたものは以下の通りです。

「覚醒之書」(★6)

「南斗雷震掌」(★6) 攻撃212防御20

「南斗雷震掌」(★5) 攻撃172防御10

 

期間限定奥義習得・赤は「レイ奥義」が一押しとなりました。特に目玉というものはありませんが、レイ使いの方は奥義の強化を狙ってみるのも良いかもしれません。期間限定奥義習得・緑、期間限定奥義習得・青はそれぞれ「★5までのケンシロウ奥義」、「★6以上の厳選奥義+α」が継続中です。

 

今週のイベントは「強化之書ドロップイベント」となりました。

 

これは2016年4月18日(月)の14:00頃まで、各ステージの一部ザコが強化之書をドロップするというものです。強化之書をドロップするザコキャラは各ステージで一番経験値の高いザコキャラとなっています。ただし、「強者究極連戦」、「強者究極連戦II」は例外で、必ずしも一番経験値が高いザコキャラがドロップするわけではなく、特に法則もなく特定のキャラが強化の書をドロップするようになっています。また、「強者究極連戦」エリアで奥義之書のドロップを狙っているプレイヤーの方は、特定のキャラが奥義之書を落とさなくなることに注意しましょう。

 

「強者究極連戦 STAGE1」:(★2)/ジード

「強者究極連戦 STAGE2」:(★3)/カーネル

「強者究極連戦 STAGE3」:(★3)/レイ、ジャギ・凶

「強者究極連戦 STAGE4」:(★3)/でかいババァ、ウイグル獄長・恐

「強者究極連戦 STAGE5」:(★3)ユダ、シュウ

「強者究極連戦 STAGE6」:(★3)/ジャドウ、ジュウザ

「強者究極連戦II STAGE1」:(★4)/ゲイラ、ソリア

「強者究極連戦II STAGE2」:(★4)/ブロン、名も無き修羅

 

「強化之書」(★4)については「サヴァの国 STAGE1」以降のステージでドロップするようですが、今のところ全てのステージの確認は出来ていません。こちらの方でドロップする強化之書が判明しているステージは以下の通りです。 

 

「サヴァの国 STAGE1」:「強化之書」(★4)

「サヴァの国 STAGE2」:「強化之書」(★4)

「サヴァの国 STAGE3」:「強化之書」(★3)

「サヴァの国 STAGE4」:「強化之書」(★4)

ブランカ王国 STAGE1」:「強化之書」(★4)

ブランカ王国 STAGE2」:「強化之書」(★4)/上級恨兵 ※他のザコキャラのドロップアイテムは未確認

「覇王の章 ラオウ STAGE1」:「強化之書」(★4)  

「覇王の章 ラオウ STAGE2」:

「覇王の章 ラオウ STAGE3」:

「復讐者ボルゲ STAGE1」:「強化之書」(★4)

「復讐者ボルゲ STAGE2」:

「我が背に乗る者 STAGE1」:「強化之書」(★4)

「我が背に乗る者 STAGE2」:「強化之書」(★4)

 

また、今週は「種もみ増量イベント」も同時開催されています。

 

これは、2016年6月6日(月)の14時ごろまで鍛錬之間で取得出来る種もみが増量されるというものです。なお、決闘伝は今週、「鍛錬(攻縛)之間」となっています。

 

 「種もみ増量イベント」が「強化之書ドロップ」イベントと同時開催されたのは前回2016年4月18日(月)の「強化之書ドロップ」イベント開催時と同様で、「強化之書ドロップ」イベントとセットで開催する方針になったのかもしれません。